ヘルシオホットクックはまずい?|後悔しないため知っておきたいこと

ヘルシオホットクックはまずい?|後悔しないため知っておきたいこと
girl
ヘルシオホットクックを買おうかと思っているんだけど、料理が「まずい」っていう話を聞いたの。
高いお金を出して買ったのに、まずい料理ができたら嫌だな。
買った後に後悔したくないわ。
どうすればいいのかしら?


ヘルシオホットクックを買おうと思ったのに、「まずい」という噂を聞いた。

そんな不安にお答えします。

私は現在、ヘルシオホットクックを2台所有し、これを使って色々な料理を作っています。

ヘルシオホットクックで作った料理はまずいのか?

ズバリ回答します。

ヘルシオホットクックで作ると、「まずい」料理もあります。

材料を入れてスイッチを押すだけで、美味しい料理を作ってくれる調理家電だと思い買ってしまった人は、まずい料理ができた時に絶望するかもしれません。

実際に私も、何度もまずい料理を作りました。

ヘルシオホットクックで料理の仕方を間違えると、びっくりするほどまずい料理が出来上がります。

今回は、ヘルシオホットクックで作った料理はまずいのか、また、後悔しないために知っておきたいことを説明したいと思います。

かなえ
 ヘルシオホットクックを使えば、何でもおいしくできるというのは幻想です。
私も、何度も、まずい料理を作ってしまいました。
「使い方を間違えれば」、ホットクックでまずい料理ができます。
目次

ヘルシオホットクックはまずい?

ヘルシオホットクックはまずい?

ヘルシオホットクックでは、美味しい料理を簡単に作ることができます。

そして使い方を間違えると、まずい料理ができてしまいます。

ヘルシオホットクック本体を買った時についてくるレシピ集の中にも、美味しい料理はたくさんありますか、あまり美味しくない料理もあります。

分かりやすく言うと、カレーやシチューなど、煮込み系の料理はそれなりに美味しいと思います。

特に、カレーなどは簡単なのに美味しくできて、びっくりしました

では、まずい料理は何かを分かりやすく言うと、一般的に炒め物系はまずいです。

食べられないレベルではないのですが、やっぱり、そんなに美味しくはありません。

ヘルシオホットクックは、見てわかるとおり、蓋のついた鍋です。

これを冷静に見ると、煮込み料理など、長時間煮込むことで美味しくなるような料理は美味しく出来ます。

では、炒め物はどうでしょうか?

そもそもホットクックは、無水調理ができる鍋です。

つまり、水分がなくても、野菜などの水分を鍋の中に閉じ込めて、じっくり煮込むことができるのです。

そんな鍋で炒め物を作ったらどうなるか?

水分だらけで野菜がドロドロに溶けた、まずい炒め物ができます。

そのようなわけで、鍋で作るような料理は美味しくできますが、炒め物などはまずくなります。

炒め物を作って失敗した時の教訓を生かし、ホットクックで炒め物を作りたい時は、手動でお肉を炒めた後、野菜を入れて2~3分だけ再加熱するなどの工夫をしています。
作り方次第では、それなりにおいしい炒め物もできますので、絶対にまずいというわけでもありません。

ヘルシオホットクックのレシピはまずい?

ヘルシオホットクックのレシピはまずい?

ヘルシオホットクックでは、美味しくできるレシピも、まずくできるレシピもあります。

ヘルシオホットクック本体を買った時についてくるレシピ集は、美味しくできるレシピも沢山ありますが、やはり、「なんか、まずい。」と感じるレシピもあるでしょう。

単純にレシピがまずいというよりも、人によって味付けの好みが違うので、自分の好みに合わない料理ができてしまうということもあると思います。

自分に合わなければ、きっとまずいと感じるでしょう。

ヘルシオホットクックのレシピは、おいしいレシピもあるし、人によっては口に合わないレシピもある、というのが正しいと思います。

ヘルシオホットクックのパスタはまずい?

ヘルシオホットクックのパスタはまずい?

ヘルシオホットクックでは、一つの鍋でパスタを作ることができます。

具体的には、具材と水と乾麺のパスタを入れてスイッチを押すだけで、パスタが簡単に出来るのです。

うまくできるのであれば、本当に魔法の鍋のように感じるでしょう。

実際に、ヘルシオホットクックの本体についてくるレシピ通りに作れば、それなりに美味しいパスタができます。

ただ、パスタは作り方に特徴がありますので、よく知らないと「まずい」パスタができてしまいます。

まず、レシピ通りに作っても、出来上がりにすぐに食べてしまうと、パスタがまだ硬い状態なので美味しくありません。

この問題は少しだけ加熱延長するか、蓋を閉めて5分程度待つだけで解消します。

ただ、水分量が微妙に異なるだけで少し柔らかいパスタになってしまいますので、完全なアルデンテで食べたいという人は、茹ですぎと感じるかもしれません。

パスタの場合、水分量の調整が非常に難しいです。

私も自動調理で慣れた後、何度かオリジナルレシピで作ってみましたが、何度も失敗しました。

具体的には、水分量が少なすぎて硬すぎるパスタになってしまったり、水分量が多すぎてスープパスタなのか何なのかよく分からない料理になってしまったものもあります。

水以外にも、トマトソースや牛乳など、水分を含むものや水分の多い野菜など、どういう組み合わせにするかによって、水分量を調整していく必要があります。

パスタ何グラムに対して水分が何mlなど、正確に記録しておけば、毎回同じような美味しいパスタを作ることができます

逆に、「なんとなくこんな感じかな?」とアバウトに作ると、毎回違った感じのまずいパスタができてしまいます。

ヘルシオホットクックを買うと後悔する?

ヘルシオホットクックを買うと後悔する?

食材を入れスイッチ押せば、どんなものでも美味しく調理してくれる夢ような調理機器を想像している場合、ヘルシオホットクックを買うと後悔するかもしれません。

ヘルシオホットクックは魔法の鍋ではありません。

ヘルシオホットクックは無水調理を得意とするお鍋です。

鍋なのですが、火力を調整してくれたり自動で混ぜてくれたりするような嬉しい機能も付いています。

ヘルシオホットクックを買って後悔しないようにするためには、まずは、ヘルシオホットクックの特徴を理解し、どういう料理を作ると美味しくできるか、ある程度勉強が必要です。

普通の鍋で作るのと全く同じ水分量で作ると、大抵水っぽくて美味しくない料理が出来上がります。

逆に無水料理は得意ですので、水を使わず野菜の水分をうまく引き出すような料理を作れば、とても美味しい料理ができます。

野菜炒めの材料と調味料を鍋に入れ煮込んでも、美味しい料理が出来ないように、調理の仕方を間違えれば美味しい料理はできません。

ヘルシオホットクックでは美味しい料理がたくさんできますが、何でもおいしく作れる魔法の鍋だと思って買うと後悔します。

ヘルシオホットクックはまずい?|まとめ

ヘルシオホットクックを使い始めたばかりで、料理がうまくいかないと、多分後悔すると思います。

「こんなに高いものを買ってしまった。しかも場所も取るし、どこにしまえばいいんだ。。。」

無駄な買い物をしてしまったことに、ものすごく悩むでしょうし、後悔するでしょう。

ただヘルシオホットクックを使いこなしていけるようになると、高いお金を出して買って良かったなとも思うようになると思います。

後悔しないために大事なのは、ヘルシオホットクックを使えば何を作っても美味しい料理が作れるとは限らない、ということを理解することです。

どういう料理が美味しくて、どういう料理がまずいのか。

分かりやすく言うと、煮込み料理は美味しいですし、炒め物はまずいです。

それではヘルシオホットクックを買う価値はないのか?

それは、その人によると思います。

ただ、上手く使いこなせるようになると、「やっぱり買って良かったな。」と思うかもしれません。

すべての料理をヘルシオホットクックで上手く作ろうとすると後悔します。

その時々によって、使うべき調理器具は違うからです。

大事なお客様をお迎えする時に、ホットクックでパスタを作ったら、ちょっとがっかりされるかもしれません。

あまりにも忙しすぎて、ご飯を作る暇もなく、冷凍のパスタでも食べようと思った時に、ヘルシオホットクックにパスタと野菜を入れてスイッチを押すと料理ができるのを見て、何て便利なものがあるだろうと感動するかもしれません。

外出しなければいけない時に、朝のうちにカレーなどを作って予約しておき、家に帰ったら温かいカレーができていたら、「何て便利な調理機器なんだ。」と感謝するでしょう。

結局のところ、「いつ何の目的で使うのか?」と「使いこなせるか?」によるのだと思います。

かなえ
 まずい料理ができた時はがっかりします。
でも、忙しい毎日の中で、ホットクックが自動的に調理してくれるのって、やっぱりありがたいな、と思います。

↓↓↓ホットクック本体の詳細を知りたい方は、下記を参照してください。↓↓↓

↓↓↓合わせて読みたいホットクックのレシピ本です。↓↓↓

↓↓↓時短料理に関する考え方を知りたい人におすすめです。↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワーキングマザーとして、仕事・家事・育児に奮闘7年目。
主婦として、簡単でおいしくて太りにくい料理を日々研究しています。
ホットクックの魅力にはまり、ホットクックで作れるレシピを考案中。

目次
閉じる