ヘルシオホットクックを使ってみた感想|メリットとデメリットは?

ヘルシオホットクックを使ってみた感想|メリットとデメリットは?
girl
ヘルシオホットクックを使ってみたいな。
でも、値段も高いし、なんだかちょっと難しそう。
私に使いこなせるのかな?
ホットクックのメリットやデメリットも知りたいわ。

ホットクックを使ってみたいけど、実際のところどんな感じなのか?

そんな疑問にお答えします。

私は現在、2台のホットクックを所有し、毎日、3人家族のための料理をホットクックで作っています。

ホットクックは値段も高いですし、使いこなすにはある程度の練習が必要です。

時短効果などのメリットもありますが、料理がまずくなる場合があるというデメリットもあります。

今回は、私がヘルシオホットクックを使ってみた感想を、メリットやデメリットも含めて紹介したいと思います。

かなえ
ヘルシオホットクックは高いけど、練習すれば使いこなせるようになります。時短効果の他にも今まで余り作らなかったような料理も作れるようなメリットもあります。反対に、いきなりオリジナルメニューに挑戦すると、まずい料理ができてしまうこともあるというデメリットもあります。でも、ヘルシオホットクックを使いこなすことができれば、毎日の料理が楽に楽しくなりますよ!
目次

ヘルシオホットクックを使ってみた感想

ヘルシオホットクックを使ってみた感想

ヘルシオホットクックという名前はどこかで聞いたり店頭や広告などで見たことがある人も多いと思います。

まずは、ヘルシオホットクックとは何かを説明したいと思います。

ヘルシオホットクックは、シャープが2015年11月に発売を開始した、無水調理が可能な電気無水鍋です。

食材から出た蒸気を鍋の中で循環させることで、薄味でも食材の旨味を活かした調理ができるのが特徴です。

食材を内鍋に入れてメニューを選択すれば、後は全て自動でホットクックが料理してくれるという最新の調理器具です。

鍋にセットして使う「まぜ技ユニット」が、適切なタイミングでかき混ぜ、火力も加熱時間を自動で調節してくれるので、調理中に鍋の側について見ていることも不要です。

予約機能も搭載されており、事前にセットしておけば、好きな時間に出来立ての料理がすぐに食べられます。(予約できるメニューには制限があります。)

料理が残った場合でも、付属の保存専用の蓋をして、内鍋ごと冷蔵庫に保管することができ、料理の温め直しもできるので、後日、再度本体にセットして、温めて食べることもできます。

無線LAN接続機能があり、無線LANに接続すると、新しいメニューを無料でダウンロードしたり、専用アプリで状態を確認したりすることもできます。

まさに、忙しい人の救世主のような、夢のような調理機器です。

girl
なんだかいい事ばっかりみたいだけど、本当なのかな?
本当に誰でも簡単に使いこなせるの?
かなえ
残念ながら、誰でも簡単に使いこなせるというわけではありません。

ホットクックで楽に楽しく料理ができるようになるには、下記のようなハードルがあります。

  • ホットクック自体の値段が高い。
  • 本体付属のメニュー集の料理がおいしいとは限らない。
  • 水や調味料の分量を正確に測る必要がある。
  • 手動調理はコツをつかまないと失敗する。
  • 予約できるメニューとできないメニューがある。
  • 通常と料理手順が異なるものがある。
  • ダウンロードメニューを使うためには無線LANの設定が必要。
girl
うわー、ハードル高そうだな。。。
かなえ
確かに慣れるまでは少し大変です。
でも、慣れれば大丈夫です。
何度も練習すれば、後は材料を入れるだけで本当にほったらかしで料理ができますよ。

普通のフライパンや鍋と違うので、使いこなすまでにある程度の時間がかかります。

いきなりオリジナルレシピにチャレンジすると失敗し、ホットクックで作る料理はまずいという評価になってしまうかもしれません。

添付のレシピに書いてある通りに作れば失敗はしませんので、まずはレシピ通り作って行き、上手くできるようになったらオリジナルレシピにもチャレンジしてみましょう。

上手く使いこなせるようになれば、準備だけしておけばホットクックが全部料理してくれるので、空いている時間に仕事をしたり、家族で団らんしたり、有意義な時間が過ごせます。

ヘルシオホットクックの使い勝手

ヘルシオホットクックの使い勝手
girl
ヘルシオホットクックの使い勝手はどうなのかな?
部品は沢山あるの?
どうやってメニューを選ぶの?
かなえ
ヘルシオホットクックの部品はそれほど多くありません。
本体以外は食器洗い乾燥機で全て丸洗いできるので、片付けも簡単です。
メニューの表示もわかりやすいですよ。

ヘルシオホットクックを買ってみたら、部品が多すぎてセットが大変だったり、洗い物が大変だったりしないのか、心配になりますよね。

でも、大丈夫。

部品は下記のとおりで、そんなに多くありません。

  • 本体
  • 内鍋
  • 内ぶた
  • まぜ技ユニット
  • つゆ受け
  • 蒸気口カバー
  • 蒸し板
  • 保存専用ふた

このうち、本体以外は全て食器洗い乾燥機で丸洗いできます。

食器洗い乾燥機がある人は、洗い物を気にする必要はありません。

ヘルシオホットクックの使い勝手

また、メニューの選択も簡単です。

操作部を見ながら矢印ボタンで操作して、決定ボタンを押すだけです。

炊飯器と同じくらいの操作性です。

ヘルシオホットクックの使い勝手

まぜ技ユニットは、最初は少し戸惑うかもしれませんが、ストッパーを動かして内ぶたにはめ、カチャッと言うまでストッパーを戻すだけです。

一度練習すれば、後は簡単につけたり外したりできます。

内ぶたや小さな部品も、炊飯器と同じようなもので、炊飯器が使える人であれば、使い勝手はそれほど問題になりません。

ヘルシオホットクックのメリット

ヘルシオホットクックのメリット
girl
ヘルシオホットクックって値段が高いですよね?
高いお金を払って、どれだけのメリットが得られるのかしら。
かなえ
ヘルシオホットクックは確かに高いです。
使いこなすのも少し大変ですが、上手く使えるようになると、キッチンに拘束される時間から解放され、事前に準備だけしておけば、後は自由な時間が手に入ります。

ヘルシオホットクックには、下記のようなメリットがあります。

  • キッチンで作業する時間が短縮される
  • 吹きこぼれの心配がない
  • 調理の予約ができる(メニューに制限があります)
  • 新しい料理にチャレンジできる

ヘルシオホットクックのメリットは、やはり時短効果という事ができます。

例えばカレーを作る場合、肉や野菜を切るという下ごしらえにかかる時間は変わりません。

でも、下ごしらえさえしてしまえば、後はキッチンにいる必要はありません。

火加減を確認したり、時々混ぜたり、吹きこぼれないように注意したりする必要が無いのは非常にありがたいです。

また、予約調理ができるのもありがたいですね。

メニューの制限がありますが、カレーや煮込み料理など、予約ができるメニューも沢山あります。

遅い時間に帰宅して、フラフラの状態で必死に夕食を作るのは辛いですね。

そんな場合は早い時間帯に下ごしらえだけしておき、予約をしておけば、帰ってきたらすぐに出来立ての料理が食べられます。

更に、ホットクックを使うと、難しいと思っていた料理が簡単にできるものもあります。

料理が楽になるだけでなく、今まで作ったことのない料理にチャレンジするなど、料理のレパートリーが広がります。

このように、ヘルシオホットクックには本当に沢山のメリットがあります。

ヘルシオホットクックのデメリット

ヘルシオホットクックのデメリット
※失敗例
girl
ヘルシオホットクックはメリットばっかりなの?
買った後にがっかりするようなデメリットは無いの?
かなえ
ヘルシオホットクックは確かに便利です。
でも、デメリットもあります。
本体とセットになっているレシピの手順通りに作っていればそれほど失敗はありませんが、オリジナルメニューにチャレンジすると失敗してがっかりすることがあります。
使いこなせるようになるまでは、色々なデメリットもあります。

ヘルシオホットクックには、下記のようなデメリットがあります。

  • ホットクック自体の値段が高い。
  • 本体付属のメニュー集の料理がおいしいとは限らない。
  • 水や調味料の分量を正確に測る必要がある。
  • 手動調理はコツをつかまないと失敗する。
  • 予約できるメニューとできないメニューがある。
  • 通常と料理手順が異なるものがある。
  • ダウンロードメニューを使うためには無線LANの設定が必要。

ホットクック自体の値段が高い

ホットクックは、そもそもの値段が高いです。

型番や販売店によって値段は異なりますが、1台4万円からと考えておいた方が良いと思います。

フライパンや鍋は数千円で買えるので、どんなに安く買ってもフライパンや鍋の10倍以上はします。

ホットクックにそれだけの価値を見出せない人もいるはずです。

本体付属のメニュー集の料理がおいしいとは限らない

ホットクック本体を買うと、一緒にメニュー集が付いてきます。

初心者は、まずはこのメニュー集通りに作ることをお勧めします。

メニュー集通りに作れば、通常は上手に料理できます。

ただ、メニュー集の料理がおいしいとは限りません。

私個人の感想ですが、カレーなどの煮込み系料理は全般的においしいと思いましたが、一部の料理は味が濃く、また、炒め物は野菜がべちゃっとして微妙でした。

普段の料理を自分の好みに合わせて調整している人ほど、メニュー集の料理がおいしいと感じないことがあります。

水や調味料の分量を正確に測る必要がある

ホットクックで調理をする場合、水や調味料の分量を正確に測る必要があります。

今までは適当に水を入れて様子を見ながら水を足してみたり、軽く塩振って味見してみてから少し調整するなど、感覚で調理をしていた人にとっては、いちいち分量を量るのが苦痛に感じるかもしれません。

手動調理はコツをつかまないと失敗する

ホットクックには、手動調理のコースがあるのですが、こちらも使い慣れないと失敗します。

例えば10分間くらい軽く煮込もうかなと思って、手動調理のコースで10分間設定しても、10分後には出来上がりません。

手動調理のコースの場合、10分と設定すると、沸騰してから10分間煮込むことになります。

沸騰するまで10分以上かかることもあり、予想していたよりも料理の出来上がりがずっと遅くなってしまうこともあります。

また、オリジナルレシピを手動調理のコースで作る場合、いつもの手順で作ると失敗することがあります。

フライパンや鍋と仕上がりが違うので、フライパンや鍋では上手くできたのに、同じ時間ホットクックで調理したら、煮崩れて野菜がぐちゃぐちゃになってしまうようなことがあります。

普段の手順と違うことを理解し、ホットクックで調理をするのに適切な火加減と時間を探す必要があります。

予約できるメニューとできないメニューがある

ホットクックでは予約ができるのですが、予約ができるコースと予約ができないコースがあります。

カレーやスープ、煮込み系は予約ができるものが多いですが、炒め物系は、基本は予約ができません。

全ての料理を予約するつもりでホットクックを買うと、実は予約できないメニューが多いことを知り、がっかりしてしまいます。

通常と料理手順が異なるものがある

ホットクックは、全部の材料を内鍋に入れ、スイッチを押したら後はほっておくという調理法です。

このため、通常と調理の手順が異なる場合があります。

例えば、片栗粉でとろみをつける場合ですが、フライパンや鍋の場合は、仕上げに水溶き片栗粉を入れで混ぜます。

でも、ホットクックの場合、最初に食材と片栗粉をビニール袋などに入れ、袋を振って混ぜてから、内鍋に材料をセットするという手順になります。

今までと違った料理の手順に違和感を覚える人も多いと思います。

ダウンロードメニューを使うためには無線LANの設定が必要

ホットクックでは、最初に登録されているメニューの他に、メニューをダウンロードして本体に取り込むことができます。

非常に便利な機能ですが、当然のことながら、自分で無線LANの設定が必要です。

手順通りに設定すればできると思いますが、インターネット関連の設定が苦手な人には苦痛に感じるかもしれません。

ヘルシオホットクックを使ってみた感想|まとめ

girl
使い勝手も、メリットもデメリットもわかったわ。
結局、使ってみた感想として、ヘルシオホットクックはどうなの?
かなえ
ヘルシオホットクックは使いこなすのが難しく、上手く使わないと料理がまずくなることもあります。
でも、使いこなせば、キッチンに拘束される時間から解放され、有効な時間を手に入れることができます。

ヘルシオホットクックは、値段が高いので、買うまでに色々悩むこともあると思いますし、買ってからも、色々苦労することがあると思います。

でも、使いこなせるようになれば、まじめで地道に働いてくれるお手伝いさんが来てくれるようなもので、毎日の料理が非常に楽になります。

結論として、私は高いお金を払ってホットクックを買う価値はあると思います。

是非、皆さんもヘルシオホットクックを使いこなし、有意義な時間を捻出してください。

↓↓↓ホットクック本体の詳細を知りたい方は、下記を参照してください。↓↓↓

↓↓↓合わせて読みたいホットクックのレシピ本です。↓↓↓

↓↓↓時短料理に関する考え方を知りたい人におすすめです。↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワーキングマザーとして、仕事・家事・育児に奮闘7年目。
主婦として、簡単でおいしくて太りにくい料理を日々研究しています。
ホットクックの魅力にはまり、ホットクックで作れるレシピを考案中。

目次
閉じる