錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼のレシピ|アレンジしてボリュームアップ

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼のレシピ|アレンジしてボリュームアップ

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼のレシピの紹介です。

スーパーなどに行くと、調理済みの鰻(うなぎ)の蒲焼が置いてあり、あっためてご飯にのせると、簡単に鰻(うなぎ)丼を作る事ができます。

でも、 鰻(うなぎ) って、結構、高いですよね。。。

家族みんながお腹いっぱいになるまで 鰻(うなぎ) を食べたら、一体いくら掛かってしまうのか。。。

そのため、 鰻(うなぎ) を気軽に買うことは難しいかもしれません。

我が家では、うなぎをひとパックだけ買い、少しアレンジしてボリュームアップして頂いています。

トッピングは錦糸卵と大葉です。

錦糸卵をのせることで、ボリュームが出るため、 鰻(うなぎ) 一パックでも、満足のいく 鰻(うなぎ) 丼になります。

鰻(うなぎ) 一パックでも、家族全員が美味しく食べれる鰻(うなぎ)丼のレシピを紹介したいと思います。

目次

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|材料

材料3人分
2個
適量
砂糖適量
大葉10枚
うなぎ1パック(1匹分)
ご飯適量
鰻に蒲焼のたれ適量
山椒適量

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|作り方

  • 卵を一つお皿に割り入れ、塩と砂糖をひとつまみずつ入れてよく混ぜます。
  • 小さなフライパンを火にかけ、溶いた卵を入れ、焦げない程度に両面を焼きます。
  • もう一つの卵も、同じように焼きます。
  • 卵を焼いたら、包丁で縦に四つに切ってから重ねます。
  • 重ねた卵の端から細く切り、お皿に入れて冷ましておきます。
  • 大葉は水でよく洗い、ペーパーなどで軽く水を切ります。
  • 茎の部分を切り落とし、半分に切った後、細長く切ります。
  • 鰻(うなぎ) はパッケージから出し、一口大に切ってお皿に入れます。
  • ラップをして、電子レンジで1分間加熱します。
  • 炊いたご飯を、丼に入れます。
  • ご飯の上に、 鰻(うなぎ) の蒲焼のタレをかけ、軽く山椒を振ります。
  • ご飯の上に、錦糸卵と大葉をのせます。
  • ご飯の上に、 鰻(うなぎ) をのせます。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

最初に錦糸卵を作ります。

卵を一つお皿に割り入れ、塩と砂糖をひとつまみずつ入れてよく混ぜます。

小さなフライパンを火にかけ、溶いた卵を入れ、焦げない程度に両面を焼きます。

もう一つの卵も、同じように焼きます。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

卵を焼いたら、包丁で縦に四つに切ってから重ねます。

重ねた卵の端から、細く切っていきます。

錦糸卵の出来上がりです。

お皿に入れて、冷ましておきます。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

大葉は水でよく洗い、ペーパーなどで軽く水を切ります。

茎の部分を切り落とし、半分に切った後、細長く切ります。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

鰻(うなぎ) はパッケージから出し、一口大に切ってお皿に入れます。

ラップをして、電子レンジで1分間加熱します。

パッケージに温め方法が記載されている場合は、パッケージの記載に従ってください。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

炊いたご飯を、丼に入れます。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

ご飯の上に、 鰻(うなぎ) の蒲焼のタレをかけ、軽く山椒を振ります。

山椒が嫌いな場合は、ここで山椒を振る必要はありません。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

ご飯の上に、錦糸卵と大葉をのせます。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼|料理の手順

ご飯の上に、 鰻(うなぎ) をのせます。

出来上がりです。

各自の好みに応じて、上からうなぎの蒲焼のたれや山椒をかけていただきます。

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼のレシピ|まとめ

錦糸卵と大葉の鰻(うなぎ)丼のレシピ|まとめ

いかがでしたでしょうか?

鰻(うなぎ) だけで鰻(うなぎ)丼を作る場合、 鰻(うなぎ) をたくさん買わなければいけません。

今回のように、錦糸卵や大葉を加えると、 鰻(うなぎ) 少なめでも大丈夫です。

大葉ものっているので、風味が出て美味しくなります。

鰻(うなぎ) は高いからと、 鰻(うなぎ) 丼を食べるのをやめてしまうのは、ちょっと寂しいですね。

こんな感じでアレンジすると、見た目も華やかで綺麗ですし、お腹もいっぱいになり、満足度も高まります。

ぜひお試しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワーキングマザーとして、仕事・家事・育児に奮闘7年目。
主婦として、簡単でおいしくて太りにくい料理を日々研究しています。
ホットクックの魅力にはまり、ホットクックで作れるレシピを考案中。

目次
閉じる