【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物のレシピ

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物のレシピ

ホットクックを使って作る、豆腐とあおさのお吸い物のレシピの紹介です。

お吸い物を作るには、出汁を取り、具材を煮込む必要があります。

あおさを長時間煮むと色が変わってしまうため、あおさは最後に入れる手順としました。

全ての手順をボタンひとつではできなかったため、手動コースで出汁をとるところと、具材を煮込むところを分けました。

途中で何度か手を加える必要はありますが、少しの手間で美味しいお吸い物を作ることができます。

目次

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の材料

材料3人分
豆腐(絹)150g
あおさ(乾燥)8g
だし汁500ml
小さじ1/2杯
醤油小さじ1杯
みりん小さじ1杯
小さじ2杯

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の作り方

自動・手動調理時間まぜ技ユニット蒸し板・トレイ予約レシピダウンロード
手動12分
(実際には23分)
不要不可不要
  • お鍋に水とだしパックを入れます。
  • 手動で作る→スープを作る→まぜない→5分→スタート
  • 5分間調理します。(沸騰まで約11分かかるので、合計で約16分です。)
  • だしパックを取り出します。
  • お鍋に豆腐と調味料(塩・醤油)を入れます。
  • 手動で作る→スープを作る→まぜる→5分→スタート
  • 5分間調理します。
  • ボールに水とあおさを入れ、30秒から1分間くらい水に浸します。
  • あおさをざるに入れて水を切り、そのまま置いておきます。
  • お鍋にあおさを入れ、2分間再加熱します。
  • 長時間置いておくと、あおさの色が変わってしまうので、早めにお椀によそいます。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

お鍋に水とだしパックを入れます。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

手動コースで5分間、まぜずにスープを作ります。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

出来上がりです。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

だしパックを取り出します。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

お鍋に豆腐と調味料(塩・醤油)を入れます。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

手動コースで5分間、まぜながらスープを作ります。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

作っている間に、あおさを水で戻しておきます。

ボールに水とあおさを入れ、30秒から1分間くらい水に浸します。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

あおさをざるに入れて水を切り、そのまま置いておきます。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

出来上がりです。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

出来上がりはこんな感じです。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

お鍋にあおさを入れます。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

2分間再加熱します。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

出来上がりです。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の料理の手順

出来上がりはこんな感じです。

具材にしっかりと火は通っていますが、あおさの色は変わっていません。

このまま長時間置いておくと、あおさの色が変わってしまうので、早めにお椀によそいます。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の感想

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物の感想

今回の料理の評価は下記の通りです。

(★が多い方が評価が高くなります。)

分類評価
総合評価★★★★☆
★★★★★
見た目★★★★★
難易度★★★★★
ホットクックお勧め度★★★☆☆

美味しい豆腐とあおさのお吸い物が、簡単にできました。

お吸い物はそれほど手が掛かるわけではないので、お鍋でも簡単に作ることはできますが、ホットクックを使えば煮込み時間の調整も簡単で、火加減を気にする必要もありません。

どうしてもホットクックで作らなければいけない料理ではありませんが、スープ類を毎日作る人にとっては、少しでも楽になった方が良いのではないかと思います。

食事の時に、毎回スープ類を作るのが少し手間だと感じている人にとっては、お吸い物をホットクックで作るのはおすすめです。

【ホットクック】豆腐とあおさのお吸い物のレシピ|まとめ

手動コースで調理すると、自動コースのように全ておまかせとはならない場合がよくあります。

お鍋でも作れるようなお吸い物ですが、吹きこぼれないように気を配ったり、タイマーで時間を測ったりなどしなくても、ホットクックで全て完結します。

毎日の料理がほんの少し楽になると、気持ちに余裕もできると思うので、ぜひお試しください。

↓↓↓ホットクック本体の詳細を知りたい方は、下記を参照してください。↓↓↓

↓↓↓合わせて読みたいホットクックのレシピ本です。↓↓↓

↓↓↓時短料理に関する考え方を知りたい人におすすめです。↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワーキングマザーとして、仕事・家事・育児に奮闘7年目。
主婦として、簡単でおいしくて太りにくい料理を日々研究しています。
ホットクックの魅力にはまり、ホットクックで作れるレシピを考案中。

目次
閉じる