【ホットクック】親子丼のレシピ(甘め)|手動コースで簡単・無水調理

【ホットクック】親子丼のレシピ(甘め)|手動コースで簡単・無水調理
にほんブログ村 料理ブログへ PVアクセスランキング にほんブログ村

ホットクックを使って作る、親子丼のレシピの紹介です。

ホットクックを使えば、親子丼も簡単に作ることができます。

ただ、卵の入れ方が少し難しいです。

一旦、鶏肉と玉ねぎをよく煮込んだ後で、お鍋に卵を入れ、5分ほど混ぜずに加熱すると程よく卵は固まって、ちょうどいい親子丼を作ることができました。

目次

【ホットクック】親子丼の材料

材料3人分
玉ねぎ(薄切り)1個
鶏もも肉(一口大に切る)200g
みりん大さじ2杯
醤油50ml
砂糖大さじ3杯
和風だし小さじ1杯
6個
三つ葉1/2束

【ホットクック】親子丼の作り方

自動・手動調理時間まぜ技ユニット蒸し板・トレイ予約レシピダウンロード
手動15分
(実際には26分)
不要不可不要
  • お鍋に玉ねぎを入れ、玉ねぎの上に鶏肉をのせます。
  • お鍋に調味料(みりん・醤油・砂糖)と和風だしを入れます。
  • 手動で作る → 煮物を作る→まぜる→10分→ スタート
  • 10分間調理します。(沸騰まで約11分かかるので、合計で約21分です。)
  • ホットクックで煮込んでいるうちに、卵の準備をしておきます。ボウルに卵を割り入れよく混ぜた後、3センチほどに切った三つ葉を入れて、さらによく混ぜます。
  • お鍋に卵を入れ、菜箸で軽く混ぜます。
  • 手動で作る → 煮物を作る→まぜない→5分→ スタート
  • 5分間調理します。
  • 卵が崩れないように、おたまでそっと取り出し、丼に盛ったご飯の上にのせます。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

【ホットクック】親子丼の料理の手順

お鍋に玉ねぎを入れます。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

玉ねぎの上に鶏肉をのせます。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

お鍋に調味料(みりん・醤油・砂糖)と和風だしを入れます。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

手動コースで、混ぜながら10分間煮込みます。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

ホットクックで煮込んでいるうちに、卵の準備をしておきます。

ボウルに卵を割り入れよく混ぜた後、3センチほどに切った三つ葉を入れて、さらによく混ぜます。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

出来上がりです。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

出来上がりはこんな感じです。

お肉と玉ねぎに、しっかりと火が通っています。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

お鍋に卵を入れ、菜箸で軽く混ぜます。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

手動コースで、混ぜずに5分間煮込みます。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

出来上がりです。

【ホットクック】親子丼の料理の手順

出来上がりはこんな感じです。

卵が程よく固まっています。

卵が崩れないように、おたまでそっと取り出し、丼に盛ったご飯の上にのせます。

【ホットクック】親子丼の感想

【ホットクック】親子丼の感想

今回の料理の評価は下記の通りです。

(★が多い方が評価が高くなります。)

分類評価
総合評価★★★★☆
★★★★★
見た目★★★★☆
難易度★★★☆☆
ホットクックお勧め度★★★★☆

美味しい親子丼が簡単にできました。

材料を入れて煮込むだけなので、とっても簡単です。

ただ最後の卵だけが、少しだけ難しいです。

卵を入れて煮込んだ後、長時間放置すると、卵は固くなり過ぎてしまいます。

食事の時間まで少し時間がある場合は、一旦、鶏肉と玉ねぎを煮込んでおき、食事の前に卵を入れ加熱すると美味しい状態でいただけます。

手動コースなので少し手間はかかりますが、お鍋で作るよりもずっと簡単なので、親子丼はホットクックで作るのをおすすめします。

【ホットクック】親子丼のレシピ|まとめ

お鍋で作ってもそんなに手がかからない親子丼ですが、ホットクックを使うと更に簡単にできます。

ホットクックが自動で混ぜながら煮込んでくれますので、混ぜる必要もありませんし、焦げることもありません。

普段、気軽に作っている親子丼を、さらに簡単に作ることができます。

ぜひ、お試しください。

↓↓↓ホットクック本体の詳細を知りたい方は、下記を参照してください。↓↓↓

↓↓↓合わせて読みたいホットクックのレシピ本です。↓↓↓

↓↓↓時短料理に関する考え方を知りたい人におすすめです。↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワーキングマザーとして、仕事・家事・育児に奮闘7年目。
主婦として、簡単でおいしくて太りにくい料理を日々研究しています。
ホットクックの魅力にはまり、ホットクックで作れるレシピを考案中。

目次