【ホットクック】プルコギのレシピ|春雨・にんじん・玉ねぎを使います

【ホットクック】プルコギのレシピ

ホットクックを使って作る、プルコギのレシピの紹介です。

プルコギは作るのが難しいイメージがあるかもしれませんが、調味料の数が多いだけで、基本は混ぜて炒めるだけです。

ホットクックを使えば、火加減の調整もかき混ぜも不要ですので、材料を混ぜ内鍋に入れ、スイッチを押すだけで出来上がります。

韓国料理もホットクックを使えば、野菜炒め並みに簡単に作れてしまいます。

目次

【ホットクック】プルコギ|材料

材料3人分
春雨30g
牛肉(薄切り)300g
玉ねぎ(薄切り)1/2個
にんじん(細切り)1/2本
大さじ1と1/2杯
砂糖大さじ1と1/2杯
醤油大さじ1杯
おろしにんにく小さじ1/2杯
おろししょうが小さじ1/2杯
すり白ごま大さじ1と1/2杯
ごま油大さじ1と1/2杯
一味唐辛子適量(3人分で小さじ1杯くらい)

【ホットクック】プルコギ|作り方

自動・手動調理時間まぜ技ユニット蒸し板・トレイ予約レシピダウンロード
手動10分
(実際は19分)
不要不可不要
  • 内鍋に調味料(醤油・酒・白いりごま・砂糖・ごま油・おろしにんにく・おろししょうが)を入れ、よく混ぜ合わせます。
  • 牛肉を入れ、調味料と牛肉を混ぜ合わせます。
  • 玉ねぎ・にんじんを入れ、よく混ぜ合わせます。
  • 春雨を入れます。
  • 手動で作る→炒める→10分→スタート
  • 10分間調理します。(炒める温度になるまで約9分かかるので、合計で約19分です。)
  • よく混ぜてお皿に盛りつけます。

このレシピでは、小さな子供も一緒に食べれるように、一味唐辛子は最後に振りかけるようにしています。
辛い物が苦手な人がいない場合、調味料に一味唐辛子も混ぜて料理してください。

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

内鍋に調味料(醤油・酒・白いりごま・砂糖・ごま油・おろしにんにく・おろししょうが)を入れ、よく混ぜ合わせます。

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

牛肉を入れ、調味料と牛肉を混ぜ合わせます。

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

玉ねぎ・にんじんを入れます。

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

よく混ぜ合わせます。

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

春雨を入れます。

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

手動コースで10分間炒めます。

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

出来上がりです。

【ホットクック】プルコギ|料理の手順

出来上がりはこんな感じです。

お肉も野菜もしっかり炒め上がり、調味料もよく絡んでいます。

お皿に盛りつけ、お好みで一味唐辛子を振りかけます。

【ホットクック】プルコギ|感想

【ホットクック】プルコギ|感想

今回の料理の評価は下記の通りです。

(★が多い方が評価が高くなります。)

分類評価
総合評価★★★★☆
★★★★☆
見た目★★★★☆
難易度★★★★★
ホットクックお勧め度★★★★☆

プルコギが簡単にできました。

今までは、大きなボールに材料と調味料を入れて混ぜ合わせ、フライパンで炒めていたのですが、全ての作業を内鍋の中で行うようにしました。

洗い物が少なくて、本当に助かります。

お肉も野菜も柔らかく仕上がります。

葉物野菜を入れてホットクックで炒めると、色が変わってしまい見た目が良くありません。

そのため、今回は色の変わりにくい、玉ねぎとにんじんを使いました。

春雨はお湯で茹でずに乾燥したまま入れています。

野菜から水が出るので、事前に春雨を茹でなくても、柔らかく仕上がります。

また、ホットクックで炒め物を作ると水っぽくなるのですが、春雨が水分を吸うので、そんなに水っぽくなりません。

プルコギはホットクックで作ると簡単なので、ホットクックで作るのをお勧めします。

【ホットクック】プルコギ|まとめ

自分でフライパンで炒める必要がないので、ホットクックが調理している間に他の料理ができます。

ホットクックでないとできない料理ではありませんが、ホットクックを使うと料理は楽になります。

色の代わりにくい野菜を使うと、見た目も良く仕上がります。

↓↓↓ホットクック本体の詳細を知りたい方は、下記を参照してください。↓↓↓

↓↓↓合わせて読みたいホットクックのレシピ本です。↓↓↓

↓↓↓時短料理に関する考え方を知りたい人におすすめです。↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワーキングマザーとして、仕事・家事・育児に奮闘7年目。
主婦として、簡単でおいしくて太りにくい料理を日々研究しています。
ホットクックの魅力にはまり、ホットクックで作れるレシピを考案中。

目次
閉じる